LACROSSE-ラクロス-

ラクロスの育成方針

アクティブ・スポーツジャパンアカデミー

  1. アメリカ『NCAA』へ挑戦できる、世界基準の選手育成
  2. 元日本代表選手、コーチからトレーニングを受けることができる
  3. 英語環境に浸り、自発的に英語勉強に意欲を持つようになる
  4. 将来、世界の場でプレーをしたいと目標を具体化させるために、世界プレーした選手の話を聞く
  5. トッププロも使用するパフォーマンストレーニング専用施設で、パワー、スピード力アップ等、運動能力を向上させるトレーニング。

ラクロス技術と理論

プロの実績と信頼のメソッド/世界基準

国内外問わず、プロフェッショナルとして確実な経験と信頼を裏付けた、コーチたちが選手を指導します!

長岡良江

女子日本代表HCとして、13年にワールドカップへ出場。

1981年東京都台東区生まれ。
普段はWeb制作会社にてプロデューサー業務に従事。
ラクロスとは高校時代に出会い、1年生から試合に出場。
3年連続高校生大会優勝。
高校卒業後は社会人クラブチームに所属をし日本一を3度経験。
またU19日本代表主将として世界大会にも出場。
全世代通して日本代表女子チームとして世界大会公式初勝利へ貢献。
またその大会のMVPへ選出。
世界大会経験後は日本が世界でメダルを獲得するために、
自身も選手を続けながら高校・大学のコーチも兼任。
2009年はコーチしてる大学を初代学生日本一へ。
その後、2011年はU22日本代表チームのHCとしてアジア優勝。
2013年女子日本代表HCとして、13年にワールドカップへ出場。

岡部光人

社会人クラブチームに所属し日本一を4度経験。 引退後は2018ワールドカップで男子日本代表のアシスタントコーチを務めた。

1978年生。大学卒業後、社会人クラブチームに所属し日本一を4度経験。
その後、Australia / Melbourneのラクロスチームに所属、2015年 州トーナメントdivision1優勝。日本代表としてワールドカップに4大会連続で出場。2006年には副将を務め、世界6位に。引退後は2018ワールドカップで男子日本代表のアシスタントコーチを務め、世界6位になりTop Divisionに昇格。
学童野球の監督経験もあり、16年振りにチームを地区大会優勝に導く。一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンスよりベストコーチングアワード2020Single Star(★☆☆)受賞。

開歩

元東海大学ラクロス部

元東海大学ラクロス部 VALENTIA(日本一7回) 1998年、2010年日本代表候補選手(世界大会には出場出来ず)
2002年、2006年、2014年日本代表オフェンスコーチラクロス開塾塾長・高校生ラクロス部顧問

廣瀬藍

現役女子日本代表

2019年、日本女子プレーヤーとしては初、米国プロリーグWPLL(Women’s Professional Lacrosse League )にてプレーをする。

1993年生。大学卒業〜現在まで、クラブチームNeOに所属し、日本一を2度経験。2015年、U22 女子日本代表としてアジア大会(ASPAC2015 LACROSSE CHAMPIONSHIP)に出場し日本の優勝に貢献する。2017年には、女子日本フル代表 としてWomen’s Lacrosse World Cup に出場 。2019年、日本人女子としては初、米国プロリーグな参戦した。現在は、2022年7月に米国メリーランド州で開催予定のWomen’s World Championshipに向け練習とトレーニングに励む。

Samuel:サム

関西大学卒業後、英語教師と翻訳業務に従事。

出身はオーストラリア。大学での勉強を進める中で日本文化も学びたいと思い来日。関西大学卒業後、翻訳業務と英語教師している。英語教師経験は、小中高校10年以上あり、ラグビーやサッカー、野球などスポーツが好きで、現在は、自転車と空手をやっている。

柘植陽一郎

スポーツメンタルコーチ、一般社団法人フィールド・フロー代表 。

1968年生まれ スポーツメンタルコーチ、一般社団法人フィールド・フロー代表 。専門はメンタル、コミュニケーション、チームビルディング)
2006年より本格的にアスリートのサポートを開始、2008年北京五輪・2012年ロンドン五輪で金メダリストや指導者をサポート。2011年~2014年までの3年間メンタルコーチとしてソチ五輪で3つのメダルを獲得したスノーボードナショナルチームに貢献。
リオ五輪で48年ぶりの4位入賞を果たした女子体操では、コーチと選手をサポート。
その他、ラクロス男子日本代表では、世界選手権念願の入賞・シード獲得に貢献。
個人競技・団体競技を問わず、プロ・オリンピック代表から中学高校部活動まで幅広くサポートする。また、日本全国で選手・指導者・トレーナー・スポーツ関係者にむけてメンタル・コミュニケーショ ン・チームビルディングに関する講演を行っている。
著書に「最強の選手・チームを育てるスポーツメンタルコーチング」(洋泉社)、「成長のための答えは、選手の中にある」(洋泉社)

竹内彩

2019年ラクロスU19日本代表栄養指導サポートスタッフに従事。

小学校4年生〜高校までやっていたバスケットボールでは神奈川県選抜選出、関東大会出場。 大学からラクロスを始め、2005年2009年日本代表としてW杯に出場。 アスリートフードマイスターを取得しアスリート栄養指導の道へ。 麻布、狛江、南房総市でお料理教室を定期開催。 2019年ラクロスU19日本代表栄養指導サポートスタッフ。


プログラム

LACROSSE(ラクロス) 短期コース

練習内容は開催時期、人数によって変更なる可能性があります。

オフェンス

男:開 / 女:長岡 選手 3日間

・シュート
・1on1
・ブレイクシチュエーション

ディフェンス

男:岡部 / 女:廣瀬 選手 3日間

・1on1
・ブレイクシチュエーション
・セットアップディフェンス

メンタルコーチング

柘植 陽一郎 選手/ご両親 120分

・「意欲・やる気」のマネジメント
・パフォーマンス(競技力)をあげる
・本番発揮力を高める
・チームの空気感をよくする、一体感を高める

英会話

Samuel 選手 120分

座学では、
①Listening / リスニング:聴く
②Reading / リーディング:読む
③Writing / ライティング:書く
④Speaking / スピーキング:話す
を意識して、自己紹介やラクロスの道具やルール、そして海外旅行に必要な英語を教えます!

また、3日間の練習中なども積極的にサム講師が英語で話しかけて、日常から英語を聴く環境をご用意します。

食事法

TBD 選手 / ご両親 120分

・講義型(講義90分+質疑応答30分)
・選手や子供の成長期に必要な栄養や食事とは。
・試合前の食事や練習が続き食欲が落ちる時期の食事など。


サービス概要

対象者・小学生 (4年以上) 
・中学生 
※男女不問 
人数 各回 10-20名 
※最低実施人数を10名とする。
10名集まらない場合は、時期を変更し再度募集を行います。
期間3日間 (2泊3 日)
時期・第1期生:2021年8月15日~8月17日  延期
・第2期生:2021年12月26日~12月28日 
・第3期生:2022年3月19日~3月21日 
注意事項ご両親1名の付き添い必須

料金

¥165,000(税込)/1名

料金に含まれるもの。 

  • 宿泊費(朝食付)
  • 全レッスン費

料金に含まれないもの。

  • 施設までの交通費
  • 付き添いの方の宿泊費
  • 普段お使いの道具、練習ユニフォーム、トレーニングウェアを持参願います

*沖縄在住の方

¥82,500 (税込)/1名

*宿泊プランは含まれておりません

料金に含まれないもの。 

  • 施設までの交通費
  • 普段お使いの野球道具、練習ユニフォーム、トレーニングウェアを持参願います